ブログの収益が増えない原因はこれだけ!アドセンス(安定記事)編

NO IMAGE

安定記事(ミドルレンジ・ロングレンジ)で稼げない人の原因はタイトルライバルチェックの2つが、ほぼ間違いなく原因として存在しています。

中でもライバルチェックとは何か?を理解していないが為に勘違いをしている人が殆どです。

 

  • タイトルとは何か?
  • ライバルチェックとは何か?

 

を掘り下げて、ブログの収益が伸びない原因を見ていきます。

※安定記事(ミドルレンジ・ロングレンジ)とは何か?を把握していない段階で読むと更に混乱するので、記事の種類の記事を読んだ後にこちらを読んで頂ければと思います。

ブログの収益が伸びない原因はタイトルのキーワードがおかしい

僕たちが検索をする時は何か気になったことがあって、気になったことに対しての解決策が欲しい時ですよね。

で、自分の気になっていることの解決策が、出てきそうなキーワードを選んで検索をします。

 

石原さとみの彼氏が知りたいのであれば、『石原さとみ 彼氏』ってワードを打ちこみ、自分が欲しい回答を得ようと検索をするわけです。

 

『検索者が入れてくるキーワードを事前に予測してタイトルに盛り込み、あなたが欲しい回答はここにありますよ!』

 

そうアピールする為にキーワードがあり、タイトルの意義があるのです。

 

いや、でも自分はちゃんとキーワードを入れてますよ!って思うかもしれないんですけど、僕が言ってる『ブログの収益が伸びない原因のタイトルのキーワードがおかしい』っていうのは、キーワードがタイトルにちゃんと入ってるかってことじゃないんですよ。

 

記事の内容にマッチしキーワードで、タイトルを作ってるんですか?

ちゃんと検索者が記事を見た時に、そうそう!これが欲しかったの!って思ってくれるようになっていますか?って話なのです。

これが出来なければブログの収益は絶対に伸びないし、伸びる訳がありません。

動画を見てもらえればわかりますが、キーワードとは検索者が欲しい回答を得る為に入れてるものなので、タイトルにキーワードが入っていてもブログの内容が検索者が欲しい内容と一致してないなら見られる訳がないのです。

 

たとえ、

見られたとしても最初だけで、誰も読まないので検索順位は一瞬で落とされるので収益が伸びないって話になるのです。

ブログの収益が伸びない原因はライバルチェックを誤解している編

収益を伸ばす為にはライバルがいない所を書きましょう!ってよく言われると思うんですよね。

僕自身も1番最初はライバルが居ないところを狙えば、自分が独占出来るじゃん!って思ってライバルがいないところを探しまくりました。

 

でも、そんなのあるわけがないのです。

 

日本には500万以上のブログが存在するわけで、どんなキーワードを入れても、そのキーワードで記事を書いている人は居るんです。

 

そうなると、えーーーどこにでもライバルいるじゃん!稼げない!

 

ってことになるんですが、ライバルが居ない所っていうのは、ライバルが0人のところって意味じゃないんです。

 

あなたの好きな女性に既に彼氏が居て、その彼氏が家事はやらない、デートの食事代も全く払わないヒモ状態だと知ったら、家事も出来て、デート代を払える財力をあなたがある!ってことをアピールできれば、好きな女性はあなたになびく可能性がありますよね。

 

これと同じで、ライバルがいないところを狙いましょう!っていうのは、ライバルがいても、その人達に勝てるポイントはありませんか?っていう話なのです。

でも、多くの人は勝てるところではなくて、本当にライバルがいないところを探すので収益が伸びないってことになるわけです。

じゃあ、ライバルチェックって実際にはどうすればいいの?ってことは動画で解説しているので、こちらをご覧ください。