香港で学んだ稼ぐ為に必要なたった1つのこと

こんばんは、ICHIです。

今日13日より香港に有ることをする為に来ており、
そんな何気ない香港の街の中で気付いた事をお話します。

いざ、聞いてみればこんなことかと思うかもしれませんが、
それがいかに稼ぐ事に繋がり難しいことであるのか・・・
ということも同時におわかり頂けると思います。

是非稼ぎをアップさせる為の視点として
日常生活に活かしていただければと思います。

香港での違和感しかない車って?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あなたはこの車の写真を見て、
『他の国ではまずおこらないある違和感』
に気付くことが出来ますか?

日本ブランドの車ではなく海外で生産された車、
いわゆる外車は日本でも多数見ることができますよ。

しかし、
日本で走るそれとはこの写真の車は1点違います。

それが、
会社なのに右ハンドルで有るということです。
しかも、香港ではそれが100%で右ハンドルなのです。

実は香港には法律で右ハンドル以外の車は禁止であり、
どの国の車も改造されて右ハンドルにされるのです。

普通に生活している中で普通はそんな所見ないですし、
さらには外車が右ハンドルだからおかしい・・・

そんなことを思う人もほぼいません。

しかし、
そういうところに目をつけた人物が1人いたのです。

 

車の改造でボロ儲け

million

今回香港にいったある理由とは、
海外の銀行口座の設立の為でした。

その香港の口座を使用することにより、
物販をよりスムーズに行うことを目論んでいるのですが
その詳しい話は今後またお話して行きたいと思います。

本題に戻りますがその香港の銀行を設立するにあたり、
サポートをしてくれたMさんという方がいました。

その方は投資家として既に世界で活躍しているのですが、
彼が以前出資していた中にこの車事業があったのです。

香港といえば無税の国であり、
世界中から富裕層が集まる国でもあります。

物価や交通機関は日本の3分の1くらいであり、
とても住みやすい環境が整っている国ですね。

その富裕層がステータスとして欲しがる物、
それが香港中に走っている高級車なわけですが・・・

上記に記載したように香港は右ハンドルのみなので、
フェラーリなどを右ハンドルで入手するのがとても困難なのです。

その点に着目し
『高級車を定価で仕入れてから右ハンドル用に改造して富裕層に販売する』
というビジネスを行った会社があります。

その事業にMさんは投資していたわけなのですが、
この事業が実は香港で大当たりしたのです。

富裕層を相手にした販売は莫大なヒットを誇り
一瞬にして資金と利益ともにその企業は潤い始めました。

現在でも香港でその地位を確立し、
資金を出資してもらうこともなく行っています。

しかし、
これって香港に住んでいる人や旅行にいった人であれば
誰でも共通に気付く機会が設けられていたはずですよね。

でも、
この長い歴史の中で行ったのがその人が最初である・・・

身近にあるのにきづけない。

これってビジネスでも全く同じ事だと思うのです。

 

近くにあるからこそ気づかない

egg

このブログを毎日見てくださっていレバわかると思いますが、
思考力を鍛えることを僕は常々推奨しています。

思考力を鍛えるということは、
常に何かを考えるということです。

当たり前のことを当たり前ではないと考え、
そしてその中に意味を見出してみる。

これが思考力の発展に繋がる訳ですが、
その為に必要になるのが視点です。

全く同じ日常生活の中でも、
どういう視点から同じものを見るのかによって
全くその考え方は変わってきます。

稼げるか稼げないかというのはノウハウの話であり、
それ以前にその視点が身についていないと
そのビジネスの成り立ちを理解することは出来ません。

成り立ちが理解出来ていないということは、
表面上を捉えているのにすぎないわけなので
そこには応用も生まれることは決してありません。

表向きのノウハウを捉えるのではなく、
なぜそのビジネスが成り立っているのか?

そういう細かい視点から常に観察することが、
常に稼ぎ続ける為の秘訣なのではないかと思います。

メルマガ登録

メルマガ登録はコチラ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ