集中出来ない人に最適なパーキンソンの法則とは?

こんばんは、ICHIです。

ネットビジネスを副業で行っている方が非常に多く、
一番悩みとして聞くのが時間の足りないということです。

実際に僕自身も時間に関しては常に足りないと思っており、
常にその時間の管理に関しては気を使っています。

そこで今日は、
僕がどのようにして時間を管理しているのかに加え、
それをどのようにしていくのかをお話したいと思います。

 

集中出来ない人に最適なパーキンソンの法則とは?

time2

人間の集中力は主に90分と言われているのが一般ですが、
実際に僕自身90分も集中することは出来ません笑

そもそも人間の集中力が90分と言われる根拠は特になく、
感覚値的なもので決められているのが現状みたいです。

そして僕らの集中が持続できる時間は年齢により変わり、
小学生年代では15分ほどで飽きてくるのがふつうです。

MAXで持ったとしても約40分とも言われており、
これが所以で授業が45分として設定されています。

この集中力は年齢と共に少し上がると言われ、
大学生時期にピークを迎えるので授業も90分となってますね

僕はアメリカの大学では50分授業だったので、
日本の大学に潜り込んで授業を受けた時は・・・
苦痛すぎて途中退出をしました笑

このように年齢と共に集中力は変化すると言われ、
ピーク時での集中力は約90分と言われています。

何度も言いますがこれは根拠は特になく、
実際の脳波では15分間が基本的な集中時間みたいです。

その15分という時間で全てを区切ってこなすし、
集中力を維持して行い続ける事ができ生産性を上げる方法。

それがパーキンソンの法則と呼ばれるものです。

では、
実際に15分間隔で区切るパーキンソンの法則を使用し、
どのように僕が仕事を行っているのかをお話したいと思います。

 

15分毎に仕事を区切る時間管理方法とは?

time3

僕はまず起きたら今日1日にやるべきことをまず書き出し、
そしてある程度の時間配分を自分の中で予想します。

例:
10時〜コミュの返信
11時〜輸入の仕入れ
1  時〜輸出外注さんとの通話
15時〜ネットショップのプラン作成
18時〜ブログの執筆
20時〜広告の状況チェックと修正案

というようにですね。

この1日のやることに沿って1日の仕事をこなす訳ですが、
その際に15分毎に全て区切って行い日記に記載して行きます。

10時〜10時15分
OOさんへの返信とOOOさんの返信
10時15〜10時30
コミュニティへの返信と方向性の話を書く
10時30〜10時45
OOさんの返信と音声予約についての記載
10時45〜11時
エクセルに皆さんの進歩状況を記載

このように行っていくと
15分後までには何を終わらせる!!と思えるので、
より効率良く仕事をすることが出来る様になります。

しかし、
この時間の管理方法によって気がつくことは、
効率良く時間を使えるようになっている・・・
というただそれだけではありません。

僕がこの方法を行っているもう一つの大きな理由が、
『いかに自分が考えていないかを痛感する為』です。

考えないでしている=何もやっていない

パーキンソンの法則に則り、
15分毎に仕事を管理する時間管理術。

15分毎に仕事を決めて15分で終わらせるという
1つの目標を達成することを目的とするこの方法。

とても簡単そうに見せて実はとても難しい・・・
とやってみると気付くと思います。

更には、
15分毎に何を目標に仕事をしたか管理すると
何もかけなくなるという事に必ず直面します。

その時間が多いということは、
『何も考えないでただ作業をしている』
ということを意味します。

簡単に言えば、
『作業をしている気になっている』
ということですね。

それを完全な証拠として見ることが出来るのがこの方法で、
時間管理だけでなく自分の意識の高さ低さをも痛感出来るのです。

集中出来ない人に最適なパーキンソンの法則まとめ

time4

時間は誰もが痛感しているように有限でもあり、
そして誰もが平等に与えられている時間でもあります。

この同じ時間でどれだけのことを考えて作業ができるか?

これが副業においても専業においても
ネットビジネスにおいて稼ぐ為に1番重要な事だと思っています。

だから
コンサル生に質問をする際には
自分の考えを先に述べてもらうようにしています。

そうすれば、
自分で調べる癖や考える癖がつくだけでなく、
僕との考え方の差を見てそれをそのまま身につける実力をつけれます。

その差をうめることも1つの目標になるわけですが、
仕事をこなす為には目的意識がとても重要になります。

ただ単に行っているだけでは稼ぐことは出来ず、
同じ時間でも結果に差が出てしまうのはこの為です。

『考える力をつける』

ということをコンサルの一つの目標にしてますが、
それを時間管理という点において浮き彫りにすることが出来る。

それがこの15分時間管理方法なので、
ぜひ今日から試してみていたければと思います

メルマガ登録

メルマガ登録はコチラ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ