創造と破壊を繰り返して感じる自分のフェーズの変化

こんばんは、ICHIです。

僕は4年ほど前からネットビジネスに取り組みはじめており
このブログを読んでいる方であればその経緯は把握しているかも知れません。

→ 僕のプロフィールはこちら

最初は100万稼いでいる人が神に見えていた時代がありましたが
月収100万は最低レベルとなり年収は3000万を超えるようになりました。

“収入が上がれば自由度はあがる”

この事を僕は目的として好きな事を好きなだけできる生活に加え
自分の好きな仕事で稼ぎ続けていきたいと思い続けてきたのです。

その努力が少しずつ実ることで現在の生活が送れているわけであり
自分の過程を知識に変換し指導することで多数の実績者も輩出しています。

今このブログを書いている横にも1年前には会社員だったのに
現在では年収1000万にもなるコンサル生が2人一緒にいますし
コンサル生の実績を見れば自分の知識、そして過程が正しかったと確信出来ます。

月収100万稼げばとてつもなく自由な生活が待っていると憧れ
そんな単純な動機から始めたネットビジネスですが
4年の月日を経て変わったのは収入だけでなく感情の面でした。

そして、
最近はその感情こそが更に大きく羽ばたいて行く上で
僕が受け入れ、破壊すべきものであると認識しています。

破壊??って何?と恐らく思っていると思いますので
今日はその感情(正しくは感覚とも言えると思いますが)について
稼ぐ上でどう変わり接していくべきかをお話したいと思います。

追いかけるものがお金から欲求へと変わる時

上記に書いたように僕自身の最初の目標は神に見えていた
月収100万の突破でそれを超える為の努力が第一段階。

それからというもの目標だけをおいかけ1日14時間程作業し
そしてようやく掴んだのが最初の100万円の達成でした。

それからは“もっと大きくしていきたい”

更に言えばその100万という記録がずっと続くかが不安であり
大きくしていくことでその不安を少しでも解消しよう!
としていたというのも正しい見方であると今でも思います。

不安と更なる達成感と成長の為の規模拡大を図り
情報発信に加えて大きな方向転換をしたのが輸出です。

以前から海外との取引を自分は強みにしていこうと思っていたし
更にはグローバル化で確実にこれから追い風が来るに違いない。

そう確信してその輸出を優秀なパートナーと共に開始したのが2年半前。

本当に沢山の試行錯誤がありようやく現在は月に1000万の売上まで昇り
そしてツールの開発を優秀なコンサル生と共に行ってきたのです。

組織化することで更なる規模拡大が確実に可能であり、
輸出単体での売上もツールの稼働とパートとの兼ね合いが終われば
2倍の2000万を超え、間違いなく3000万・・・と登って行く道が完全に見えました。

そして、
パートナーと話し合っていたように輸出に関しては今後は質転換に加え
ネットショップの構築などを行っても月商5000万をMAXにしようと決めました。

目標値が決まれば後は早いのが僕達なのですが、
それ以外にも次に進むべき道を決めるために輸入を開始しています。

ここまで僕の目標は全て数字に置き換えられているものであり
その数字というのが売上であることもお分かり頂けると思います。

しかし、
その数字を追い求めて来た今までの過程をこれから全て破壊することになり
その破壊をした後の攻め方こそが起業家として生き残れる道筋なのでは・・・
そう最近は考え始めているのです。

金額ではない、感情で物事を決め始めるフェーズこそが本物への第一歩

当然目標と設定するもの自体が金額ではなくなったといっても
それは重視する割合の話であり当然金額面での目標も一部は今でもあります。

企業として10億以上の企業として成長して行きたいとも思っていますし
もっともっと拡大させて社員と共に楽しい会社を作りたいと今は思うようにもなりました。
(まだそこまで大きくするかわからないですがw今では少し思っているということですw)

しかし、
今まではその売上を伸ばす為の内容として即金になるものであれば取り組み
その1つとして当然物販も含まれていたわけです。

つまり稼ぐということにおいて秀でているから物販を選択していて
そして一気に拡大させるために今まで尽力をしてきたわけですね。

物販自体は全てが新鮮でほんとうに楽しいひとときを与えてくれましたし
こんなのが売れるの!?といったものが売れたりと不思議な世界も見せてくれます。

稼ぎたいと思って始めた世界にどんどんと引きこまれていき
その世界観の中で売上を上げる為の工夫を必死で考えている自分がおり
結果として現在の状況に至るまでになってきたのです。

全ての価値の基準は売上を上げる事であり
その為の戦略を全て練ってきたということです。

しかし、
最近になって売上重視の価値観に徐々に違和感を感じ始め
もっと自分自体が主体となり質を重視したクローズドなビジネスをしたい
そう思い始めるようになったのです。

再度述べておきますが
勘違いしないでほしいのは売上を目指すのを辞めたのではなくて
売上を上げる手段としてもっと質が高く顧客を選定して閉鎖的にビジネスを行いたい
ということです。

とはいってもこれでも非常に抽象的ではありますので具体的に言うと
物販とは仕入れて売るというビジネスであり即金性に長けているだけでなく
非常に稼ぎやすくモノが生まれる社会で物販が無くなることがない最強ビジネスモデルだと思っています。

しかし、
その物販にも僕は3段階あると思っています。

1段階目が他人のブランド商品を安く仕入れて売る
2段階目が1段階目で得た販売経験値から人気商品を自作する
3段階目が1〜2段階目で得た顧客だけで仕事をまわすクローズドな世界
(会員制の服屋とかご飯屋など本当に閉鎖的なコミュニティを連想して下さい)

僕がここまで売上を重視して追い求めてきてやったことは単純で
売れるデータ収集をしてから安く仕入れて大量に売って差額を利益とする。
いわゆる第一段階に当てはまるビジネスでここまで拡大させてきました。

重要なので再度述べますがこの物販ビジネス自体は
モノを生産する人がいてモノを消費する消費者がいる限り成り立つ仕組みで
今後もずっと続く最強のビジネスモデルの1つです。

ただ、僕はこの売上を目指すということにおいて輸出においては5000万
そして輸入においてもある程度これくらいだなという上限が見えたことによって
すでにゴール地点と自分の距離がわかり興奮度が以前よりも下がってしまったのです。

当然売上をキャッシュを増やせば20億とかにもなってくるのかも??しれませんが
そこまで物販で伸ばしていくためには莫大な施設投資と人件費がかかるので
最も効率化出来て売上を伸ばせる最大値としてその5000万を1つの見切りとしてるわけです。

ゴールが見えないからこそワクワクして天井無しで伸ばすぞ!と意気込んで始めたのが
ゴールが見えてしまい限界点がわかり興奮度が下がってしまった。

更にこの既にあるブランドを使用して販売するということについては
安く仕入れて販売額との差額が利益になるという単純な仕組みですが
裏を返せば報酬(差額)をもらったそのブランドを宣伝してることにも当然なります。

当然有名ブランドとなればいろんな顧客層が買うわけであり
対応をしたくないクレーマーなどもなかには稀に入ってくることもあります。

そう考えた時に至った答えが、
売上重視の世界から満足度(感情)重視の世界を目指そう
という新たな目標設定だったのです。

売りて良し、買い手よし、全体良しが当たり前の社会へ

これまでの社会の仕組みは
モノが無かった時代の大企業発展による恩恵での便利の上昇に始まりますが
大きな力を締めた為に大企業が一定の事業を牛耳る仕組みが続きました。

例えば、
情報であればテレビや新聞といったところが情報源となりましたし
電子機器はソニーなどと1つの勢力がとんでもない力を持っていました。

ある程度ライバル会社が今でこそ出来てきており家電なども安くなり
価格も安く消費者も買いやすくなってきたのも事実です。

そうした現象が企業単位ではなくて個人単位にまで落ちてるのが現在で
自分自身の無駄さえをも皆の利益に変換しようという動きになっています。

例えば、
自分が使わない部屋を貸してあげよう!→民泊
自分が使わない時間帯に車を使っていいよ!→カーシェアリング
自分の通勤通路で人を乗せてあげよう!→ uber

このネットが反映した社会の中ではかつての動きはもう無理であり
買い手も良し、売り手も良し、社会的に良しという条件が揃っていないと
これから時代で生き残っていくことは非常に難しいのです。

だからこそこの物販というビジネスはそれを踏まえていても素晴らしいので
本当に最強のモデルだと思っているのです。

が、僕は自分として次のステージに進む準備も進めて
徐々に単価を上げつつハッピーな仕組みを作りたいと考え始めました。

他人の商品を売って利益を出すのはあくまで防御としての部分であり
自分の価値を売りだして行くビジネスw展開しようということです。

その為にまず1つ始めようとしているのが中国輸入であり
今までの販売の知識により自分の価値観で商品を製造してみて販売
安くてより良い商品であり社会的にも役に立つ商品にチャレンジしたい。

更には実店舗とコラボして顧客単価を喜ばれながら5万にする方法など
思いついているアイディアを全て自分の価値観から発信したいと思っています。

自分の感覚、つまりワクワクすると思ったことにとことん費やし
そしてそれで利益を上げていくという第2段階のフェーズへの突入。

これが今僕自身が感じている感覚の変化であり
そして今後目指すべき所であると確信しています。

オフラインはネットにとって変わられるという大誤解

中抜きが本質であるインターネットが普及したことによって
僕はオフラインの店舗は実際にどんどんと消えていくと思っていました。

消えていくというよりは生き残るのが当然厳しくなり
普通の商品を売っていくだけでは難しいというのが正しいですね。

しかし、
最近思っているのは本当にこじんまりしたお店だとしても
店主と顧客との関係性ができていてリピーター化していれば
どんなにオンラインで安い商品があっても変わらないということです。

感覚として少しありましたがそれを今では完全にその意味がわかり
そしてそのモデルこそが究極系だとも思っています。

ネットでのやり取りはネットで完結することが利点であり難点。
直接会わないのでどうしても欲しい商品以外を販売出来ないわけです。

また無名のブランドの商品を提供することも難しいので
結局こちらのアドバイスも何もなく有名ブランドだけ買って終わります。

ですが、
対面であればその時の自分の気持ちを乗せて接客できるし
自分というキャラを好きになってくれば当然リピートとして来てくれます。

そして同じような趣味の人があつまり自然と商品を購入してくれ
満足をしてくれて小さいコミュニティだけどビジネスとして成り立つ。

売上ではなく質を最も重視して安定したモデル。
それが本当の究極のビジネスモデルなんじゃないか・・・

そんな思いに変化をして少しワクワクして次に進む準備をしています。
価値観とは本当に不思議なものであり経験値を踏めば踏むほど
過去の自分の価値観を破壊しそして新たな価値観を創造します。

破壊し、創造を繰り返すことでしか成長出来ない。
そのフェーズにこれていることに感謝すると共に今の自分をまた壊し
どんどんと新しいフェーズに切り替わっていきたいと思っています。

メルマガ登録

メルマガ登録はコチラ

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ