文章を書くことは職人芸ではない

こんばんは、ICHIです。

今月からブログを毎日更新してますが、
主に2点の目的を持ち文章を書いてます。

1つが自分の知識や収集した情報を
いかに整理して自分の言葉にできるか。

知っている事と出来る事は全く別物です。

なので
その知っていることを自由自在に操る
自分の引き出しにする為の作業ですね。

そして、
もう1つが情報や知識をまとめる際に
かならず使用する視点の強化です。

情報や知識をただ書くのではなくて
自分の考え方を通して記載していく。

つまり、
得た情報に自分の色付けをしていき
自分だけの文章を形作るわけですね。

おもにこの2点を意識してブログを更新し
知識力と文章力の向上を図っています。

このように同じ情報でも書き手により、
人間性という色を出してくれるのが文章です。

ですが、
誰が読んでもわかりやすく理解出来て
さらには説得するものを書く技術をつけるのは
並大抵の努力や技術だけで修得できるものではありません。

だからこそ、
僕は文章を書くライターという職業に関して
ある種の“職人芸”だとずっと思っていました。

しかし、
僕が突き詰めている文章の書き方では
職人芸の部類には入らないと痛感したのです。

“良いものを作り人を魅了する”

その為に没頭するのが職人だとすれば、
なぜ文章はその類に含まれる事がないのか。

今日はその点をお話したいと思います。

文章には邪念が必ずある

writer

収集した情報や知識を自ら整理し、
自由に使えこなす“術”にすること。

これが僕がブログ更新によって
得ようとしている目的なわけです。

ですが、
それと同時にブログを書くという事は
誰かに文章を読んでもらう事でもあります。

なので、
基本変な文章を世には出せないですし
自分の納得の行くものだけを出してます。

“読んでくれている人に情報を提供し、
なおかつ自分の力をつける事が出来る”

そんな目的を持っていたとしても
今日の本題である職人芸かどうか?
を考えるのに重要な要素が1つあります。

それが、
“根本を構成しているものは何か?”
ということです。

僕は確かに多くの情報を綺麗にまとめ
説得力のある美しい文章を目指してます。

しかし、
なぜ美しい文章を書く事を目指すのか?
と言えば最終的には利益が目的です。

ビジネスという場において
“最小限の時間で人々の心を動かす”

その文章を使いこなすことによって、
常に稼げる力を付ける事が根本です。

この何を根本としているのか?
というのが職人との一番の違いです。

職人の方達は毎日そのことに没頭し、
より自分の腕を磨くことに注力します。

“良い品を当たり前に最高の質で提供”

最高品質の物を作っていれば、
その価値を感じてくれる人はきっといる。

まさにそのものに“魂”を込めていからこそ
わかる人だけに買って欲しいという思いで、
ひたすら腕を磨く事に没頭している訳です。

その一方で僕が文章を磨く根本は
既に記載したように利益目的です。

最高に良い品質の物を作ってるから、
その価値を分かる人は勝手に買う。

という職人のスタンスに対して、

文章というスキルを、
“商品を欲しくさせる為の手段”
として僕は使っているわけですね。

購入者が欲しいと思い購入される職人
商品をオススメして欲しくさせる僕自身

どれだけ僕が文章に魂を込めたとしても
この根本が崩れることはないわけです。

これを感じた時に、
“文章を書くことは職人芸ではない”

そんな超えられない壁を感じてしまいました。

その知識が本当にオリジナルかどうか

writer2

さて、
文章を書く事と職人という立場を比較し
“根本的な欲求”
からその違いを更に明確にしました。

ですが、
実はもう1つ根本的な違いが存在します。

それが “オリジナルかどうか”

僕が毎回書いている内容というのは、
情報の寄せ集めが基になっています。

その寄せ集めた情報に、
自分の考えを加味すること訳ですね。

その結果として
多少なりとも自分の“色”はでますが
所詮は情報があっての自分の意見です。

そして、
その根本にあるのはその情報に
面白さや興味性があるという基準です。

面白さや興味性を基準にするのは、
既に話した僕が文章を書く理由が
人を魅了し利益に繋げる事だからです。

完全にビジネス視点ということです。

ですが、
職人の人は情報収集などを一切せず
自分の感覚を信じ改良を続けてます。

変な口出しをすれば怒られる印象の
頑固おやじが多いのもこれが原因かと思います。

自分の考えと技術が先頭に立って
それに魅了されてついてくる顧客。

顧客層が好きそうな情報を集めて
更に面白くアレンジし魅了する文章。

どちらも非常に重要な技術ですが、
職人という枠で考えるのであれば
完全に方向性が逆なのがわかると思います。

一度は味わってみたい境地

syokunin

職人の方がものづくりに魂を込めますが
僕自身も本気でメルマガを書くときには
たった2行の文章に1週間などかけます。

それほど細部にこだわり完璧な姿で
文章を世に送り出す事をしています。

そういう意味では文章に魂を込め
取り組んでいると言えると思います。

たった人生のわずかな時間を
文章に本当に真剣に捧げるだけ・・・

それでもとてつもない疲労を伴い
書き終えた時には疲弊し寝こみます。

ですが、
職人の方たちは利益も度外視し
1つのことに自分の人生を捧げています。

想像することができないくらい・・・
おそらく違う世界を見ているはずです。

だからこそ、
そういう技術を根絶やさないためにも

“物販と文章で本当の職人芸を守りたい”
と思って僕はいま活動しています。

もちろん、
僕は文章を書くことを利益に繋げますが
ただ単に面白い文章を書く方もいます。

“面白い文章を書けばきっと読んでくれる”

そういった目標をもとに人生を費やす方が
文章という枠組みの中での職人だと思います。

“たった1つの事に人生を捧げ没頭する”

その先に見えている世界はどういうものか・・・
生まれ変わったら見てみたい景色ですね。

メルマガ登録

メルマガ登録はコチラ

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ