eBAY(イーベイ)でのオークション手数料について

こんばんは、ICHIです。

 

EBAYのオークション出品を初心者の方は使用すると思いますが、

今回は出品手数料に関してお話したいと思います。

 

この費用の面を抑えておらずオークションを乱用すると

手数料に利益が食いつぶされて赤字になります。

 

しかし、

オークションを上手に利用さえ出来れば利益は増幅しますので、

リスク回避となる手数料を抑えていきましょう。

 

eBay(イーベイ)の手数料の仕組み

eBayの手数料の仕組みは主に以下の2点になります。

・出品手数料

・落札手数料

 

オークションを使用するとこの2つの手数料に加えて、

オークション手数料がかかることになります。

 

オークションでの出品手数料

auction1

オークションでの出品は最初の50点は無料で出品可能です。

 

50点以降になると

1点あたり0.30$=36円(1$=120円で換算)

の手数料が発生します。

 

オークションでの落札手数料

出品手数料の他に落札手数料がかかるわけですが、

落札手数料は合計金額の10%になります。

 

例えばこの出品を参考に見てみましょう。

auction2

このオークションは19.99$から始まっており、

即決価格は49.99$になっています。

 

仮にこのオークションに入札が入り30$で落札されたとします。

 

その際の落札手数料は全ての合計金額の10%なので、

【30$(販売金額)+ 19.99$(送料)】x 10%

これが落札手数料となります。

 

固定価格をつけた際の手数料

先ほど例に出した出品を再度見てみると、

オークション価格の他にもう一つ価格があるのに気付きます。

auction3

この価格はBUY IT NOW PRICE=即決価格と呼ばれるもので、

オークションに入札せずに即購入したい人の為に用意しているものです。

 

この即決価格をオークションと合わせて使用する場合は、

無料で設定することができるのでオススメです。

 

※合わせて読みたい記事

オークションを利用することのメリットとは?

固定価格を利用することによるメリットとは?

 

EBAYの手数料をより簡単に計算する方法

オークションでの手数料の計算は一律で10%なので

計算をするのは非常に簡単です。

 

しかし、

他の記事で説明していますが

即決価格のみでの出品はカテゴリーにより手数料が変わるので、

手数料計算はより複雑になってきてしまうのです。

 

そこで便利なのが、eBay手数料計算機になります。

→ eBay fee calculatorをみる

 

eBayという大きな市場で需要のある商品を出品すれば、

すぐに商品を販売することは可能です。

 

しかし、

この大きなeBayという市場を利用して大きく利益を出すためには、

しっかりとした手数料計算をしてこそです。

 

最初は面倒臭いですがしっかりと手数料と向き合い、

利益の最大化につなげていただければと思います。

 

何かわからないことがあれば

コメント欄に質問して頂ければと思います。

 

2日以内に記事としてアップし、回答致します^^

メルマガ登録

メルマガ登録はコチラ

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ