円高でeBay輸出がいよいよ稼げなくなるのか?

こんばんは、ICHIです。

eBay輸出で最近の円高の影響により売上が下がり
先月は価格や低評価などの影響もあり700万まで落ち込みました。

先月5月の最終週より価格改定の調整に加えてある方法で評価修正依頼をし、
無事に低評価を全部取り払う事ができ売上も完全に戻ってきました。

今日は4日でアメリカ時間ではまだ3日が終了していませんが、
2日現在で売上は7649ドルなので悪くないペースかなとは思います。

ただこの価格改定の感じを見ている限りでは
出品に加えて価格改定や今ある仕入先との繋がりを強くしていくことで
今月は1500万は狙っていけるんじゃないかなと思っています。

1500万売れて利益率が10%だとしても150万の利益が出ますし
それほど売れれば10月には約86万の還付も上乗せになります。

単純に考えると230万〜240万近い利益が出ると思いますし、
ここで売上が増加すれば年内2500万は確実に見えてきます。

ただ今現在円高傾向にあり輸出は稼げないという声が聞こえるので
今日はその点に関してお話したいと思います。

円高による輸出史上最悪の影響が押し寄せている??

最近の円高の波は非常に激しく109円に行ったと思えば106円に急落し
輸出をやっている誰もがかなりの影響を受けていると思います。

輸出というのはそもそも日本と海外との価格差を利用している稼ぎ方ですが
ebayという媒体に焦点を当てると基本ドル通貨でのやり取りが非常に多いわけです。

当然ドルと円を使用しているわけなので冒頭で述べたように為替の影響があり

“円高になれば輸入をし円安になれば輸出”

という流れがこの業界の中に風潮として見られます。

確かに僕自身も円高で1ドル80円の時に輸入に参入した訳であり
円高の恩恵はかなり受けて稼ぐ事も当然出来ました。

しかし、
今円高に傾いている訳ですが僕自身の売上は今月過去最高になりそうであり
当然それに比例して利益も過去最高になりそうな見込みです。

で、
よく円高になると輸出が出来ないなどと言われるわけなのですが、
“そもそもの円高円安を考える上での基準って何?”
ということを考える必要があると思うのです。

例えば円が106円の今日始めた人にとって明日104円になればそれも円高だし
明日108円になれば円安になったと当然思うわけですが
1ドル120円の超円安時代を経験してる者からすれば確かに最悪な状況です。

じゃあ円高になったから稼げないのか??というとこれもまた違い、
上記で述べたように昨日始めた人が今日2円円高に傾いたから辞めたり
または今後始める人が全く稼げないというとそれもまた違う訳です。

つまり、
稼げるけどその見る尺度つまり基準の持ち方によって
やばい!!となったり・・・
あ、2円さがったなぁ・・・となったり捉え方が違うわけですね。

ただこのような見方によって影響するのは気持ちへの問題なわけで、
利益が下がれば稼げないと思ってしまうのが普通の気持ちの持ち方です。

ただこの日本人が行っている輸出は特に面白い傾向が1つあり、
それが実は今回大荒れ・・・いや大荒れになるはずがないと確認した事があります。

日本人は日本人特有の習慣として円で考える癖があり
海外に出品する際も相場を円換算した上で計算をします。

ということは時間が経てば経つほど金額は為替に合わされ始め
円高でも円安でも結局円換算してるので利益が出るということになります。

わかりやすく例を挙げておくと、
今日が例えば1ドル100円だとすると100ドルの商品は1万円で
明日1ドル120円だとすると100ドルの商品は12000円になるのです。

つまり、
価格をそのまま(100ドル出品)のままにしておけば利益は増えるんですが
ほとんどの日本人セラーは円換算するのでこれを83ドルに下げるわけです笑

利益自分達で削っちゃってるよ・・・

と輸出を始めた当初からこの流れは非常に嫌だったわけなんですが
1ドル90円になったら111ドルで売り始めるわけなので今は助かってるわけです笑

でも中には価格を全く改定していない出品者が中にはいるんですね・・・
1人だけめちゃくちゃ安いセラーが存在したりするんです。

ただこのような人は基本的にはまず売れていないので価格改定をしていないのと
放置していると知らないうちにアカウントが消えるかいなくなるのが普通です。

なので基本は相手にする必要がないのですが、
それ以上に売上を伸ばす上でとても重要な事があります。

それが、
“その状況において何をするのがベストなのか?”
を必ず考えるということです。

何をしないといけないかではなく何をすべきかを考える

現在の為替1ドル106円に合わせて価格をしても、
明日103円になればまた価格改定をしなければいけない状況になります。

円安なのに加えてこの変動によりセラーはかなり混乱しているわけですが
最近そのせいで僕はずっとドルと円のグラフを見ていました。

exchangerate

ここ最近というより数ヶ月の間で最も円高に傾いたのは105円で
それ以上は最近はずっとなく大体106円〜111円の間をシフトしています。

売れ行きの良い商品の価格改定は当然していましたが、
僕はこの流れを見て106円に合わせて価格を変更することにしました。

価格を変えなければいけないというのは誰もが思いつくのですが
ここからあと4つ売上を上げる為の対処を行ったわけです。

→ 僕が行ったあと2つの売上アップの秘密

当然価格を上げれば売上は増える訳であるわけですが
更にアカウントの底上げで上位表示される工夫をして行きました。

コンサル生には音声でもお伝えしているのですが、
eBayは個人販売なのでセラー個人を見られておりAmazonとは売り方が根本的に違います。

だからこそやらなければいけないと誰もが思うべき所に加えて
やるべきとライバルが気づかない所を修正していく必要があるわけですね。

例えばいつ販売されるかという情報1つにしてもとても重要であり
そのような情報をいかに先取りしてどう活かすかも考えなくてはいけません。

そういう意味ではこの円高傾向は考えさせられる経験を多分にくれて
eBayの検索システムに関して海外から情報をあつめ始めており
今自分自身でもとてもレベルアップしてきているので感謝してます。

eBay輸出を行う上で何で売れるかをもっと深く考える

価格差のある商品を仕入れて売るという商売の根本ですが
当然その先で買ってくれるのは人ですよね。

そしてその人が購入する為には色々考えるべきであり、
価格差だけで売れないのであればその人達を研究する必要があります。

物販はその人々の欲求をモノとして表されたものであり、
そしてそれを供給しているから売れているというのは以前も話しました。

そしてその欲求が形として存在しているわけですが
当然その欲求を販売することから情報としても捉えられる訳です。

クリスマスなど誰もが販売出来る期間には当然売れるわけですが、
購入してくれた人にこの商品あなたの国で有名だったりする??
最近日本のアニメとかで凄い人気なのってなに??

とかそういうことを聞くだけでも売れ行きって上がるんですよね。

売れ行きが下がった!!価格だ!価格改定だ!!

これは僕も当然なるわけなんですが
誰もが出来ることを同じようにやっても当然売れなくなります。

そこをどう出し抜くのかが重要であって、
“その為に経験から培う思考力を鍛える方向に転換する”
これが稼ぎ続ける為には非常に重要だととても感じています。

輸出が円高で稼げないと言われる中で稼ぎ続ける人もいれば
輸入が円安で稼げないと言われる中で稼ぎ続ける人もいます。

どのビジネスにおいても売れない時や不況の時は当然ありますが
その打開策を考えるのがビジネスの面白みであり経験でもあります。

売れ行きがさがり辛かったりするのは当然同じ販売者としてわかります。

ただ、
そこを乗り越えて行かないと抜きに出れないんじゃないかなと。

僕が最近1つ抜きに出たいと思って輸出で月商2500万目標にしてるのは
そういうところでもあり、絶対に屈しない実力を付けたいからでもあるんです。

見るタイミング。見る位置。
新規参入者が誰も稼げないことになる。

僕自身も昔は円高で1ドル80円の時に輸入を初めて利益を上げることができ
そこから登ってきた身でもあるので円高は輸入がしやすというのは良くわかります。

そして円安であれば輸出の流れも当然分かるんですね。

メルマガ登録

メルマガ登録はコチラ

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ