EBAY輸出年商1億までの1年の経緯(アウトライン編)

どうもICHIです。

物販ビジネスの中には輸出入・国内転売があることは

僕のブログをご覧頂いていればご存知かと思います。

 

その中でも僕自身が約2年程前に取り組み始め、

約1年で月商1000万まで登りつめた経緯をお話します。

(今回はアウトライン編であり、後日さらに具体的な方法をお話します。)

 

実際に輸出についての経緯をお話しますが、

同じ事をするだけで売上は間違いなく数倍になるので

輸出以外にも参考にしていただければと思います。

 

物販において重要なことって何?

物販において重要なことは実は3点しかありません。

・リサーチ&新規出品

・修正

・利益最大化の為のリピート

 

・新規出品

まず商品を売るために必須なのが

売るための商品をリサーチして、出品することです。

 

現状の僕の出品枠と出品状況は

ebaylimit

出品が11,000点可能であり、約2億2800万の出品が可能です。

実際にアカウントを3つ保有してますので合計すると5億〜6億程になります。

 

実際にEBAYのルールに関して説明した記事はこちらですが、

→ EBAYのルールについて

リミットのアップをここ半年はしていないのでもし毎月していたら・・・

今頃はおそらく1アカウントで20億〜30億程になっています。

 

実際に全てのほぼ全ての商品を無在庫で扱っているのと

ツールにより管理しているので完全にリスクなしで

数千万を自由に操る事が可能なのもEBAYの魅力ですね。

 

では、この新規出品は販売のための第一歩なのですが

この次のステップこそが売上を上げる為の最重要点になります。

 

・修正

売れるかどうかという事前のリサーチをして、

実際に販売をしてみるのが第2段階になります。

 

この段階で重要なことは見出しにもるように修正です。

 

出品した商品は売れるという確信のもと出しているわけですが、

商品の相場は変動があり予想外の事に対処する必要も出てきます。

→物販の考え方とは?

 

その時に必要なのがその商品がなぜその状況になったのか?

という考察に加えて、その問題を即対処する為の修正が必要になります。

 

主に売れなくなる理由の問題は3つあり、

・価格

・需要の低下

・ライバルの増加

にほぼ当てはまります。

→売れなくなった時のベストな対処法って何?

 

この3点のいずれかという予測をすぐにたて修正をする必要があるのですが、

その修正を行う中でも実は重要なことがあるのです。

 

それが次の3点目、

・利益最大化の為のリピート

修正をするということは

・売れなくなる原因

これをしっかりと把握して対処するということです。

 

その対処を行うにつれて

『どのような商品が売れるのか』

ということを経験としてわかるようになります。

 

そうなればライバルの増加や売れ行きを予測しながら

リピート商品の確立につなげていくのです。

 

リピート商品の確立とは、

同じ商品を何度も売ることにより利益を最大化させる

という戦略です。

 

1つ利益が1,000円でる商品を100種類さがして売るよりも

利益が1,000円でるたった1つの商品を100個売る方が楽ですよね?

 

1つの商品で利益をいかに最大化できるのか。

 

ということが利益に大きく繋がることであり、

そのために必要なのが前の2ステップということになります。

 

実際に冒頭でお見せしたように

僕の現在のEBAYの出品数は3317点となっています。

 

しかし1000万の売上を立てるための

中心になっている主力商品はわずか10点ほどです。

 

つまり、

データをとるためにどんどんと新規出品をし、

良い商品だけを抽出して主力商品としてリピート販売する

ということだけを行っているのです。

 

まとめ

物販において皆がとても重視してまうことは

売れなくならないようにひたすら新規商品を補充する

ということです。

 

しかし、

最も重要なのは自分の出品した商品が財産になる仕組みを作る。

ということです。

 

一度同じ作業をいかにして手放ししていくのか・・・

そのために必要なのがこのリピートへの3ステップです。

 

新規出品→修正→リピートへ

 

この流れを行ってさえいれば間違いなく売上はあがります。

 

新規出品を行い、売れなくなった穴を防ぐのではなく

売れなくなった原因を探り、過去の商品で良い商品はないか?

という視点を是非取り入れてみて頂ければと思います。

 

 

 

メルマガ登録

メルマガ登録はコチラ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ