eBay(イーベイ)のプランニングの仕方について

こんばんは、ICHIです。

今日はビジネスを行う際に最も有効な、
プランの組み立て方に関してお話します。

このプランを作ることが出来なければ、
収入は必ず頭打ちしますので是非抑えて頂ければと思います。

プランニングについて

ビジネスを行う為に重要なことは主に2つあり
・プランニング
・マインド
この2つは相互にとても関係しています。

 

ビジネスを自分で行い稼ぐということにおいてプランを建てずに行うのは、
『ゴールのないマラソンを走っているようなもの』
であり稼げない道を自分で選んでいるのと同義です。

 

ゴールがわからなければ今の自分がどの立ち位置にいるのか
ということがわからなくなり焦り、そして不安が生じます。

 

その不安からモチベーションが下がり辞めていく・・・

 

ということが起こるので上記の2つは関係しているわけです。

 

では、
実際にプランを組むとは言っても
どのようにして作成するべきなのか?

 

ということが疑問に思うと思うので、
その点をお話して行きたいと思います。

eBayでのプランの作り方

eBayのみならず物販において考えるべきことは、
・出品数
・回転率
・利益率
・商品単価
この3つになります。

 

今回はeBayに限定してお話しますが、
無在庫という点に着目しなければなりません。

 

では、
この3点をどのようにしようするのか

出品数50点
回転率2%
利益率15%
商品単価5000円

と仮定し実例を出してみましょう。

 

計算実例:

出品数が50点で回転率が2%ということは、
1日に1点の商品が販売出来るという計算になります。

 

1日に1点の商品の販売ということは
1ヶ月30日で換算すると30点販売になります。

 

商品の単価は5000円で利益率15%なので
1点あたり750円の利益が出ている計算です。

 

そうすると50点の商品を出品し続け回転率2%の場合は、
750円x30点=22,500円
の利益がでる計算になります。

 

このように現状をみつめることができ、
なおかつそれをベースにして来月の予想や年間プランを立てる。

 

これがプランニングになります。

自分の今後のプランを計画!

eBayの売上が大きく上がるのは半年後ですが、
そこからどのような伸びを見せるのか?

 

という計算を実際にしてみたいと思います。

 

半年後の予測されるリミットは以前の記事に書いたように
約1,600点 1000万の枠になります。

 

→ EBAY輸出セリングリミット(出品枠)を効率良く増やす方法

 

今からリストをしっかりとストックするのに加え、
コンサル生限定の在庫管理ツールを使用してしまえば
ライバルが出来ないような出品をし続ける事ができます。

 

その環境をうまく利用して400点まで出品し、
単価が1万の商品、利益率13%、回転率が1.5%
(現在指導しているコンサル生の平均値として計算)
として実際にプランを立ててみます。

 

400点の出品で回転率が1.5%は、
400×1.5% =6となるので1日6点の販売になります。

1日6点の販売を1ヶ月として換算すると
6点x30日=180点/月になります。

単価が1万の商品で利益率が13%となると
1点あたり1300円の利益となり
1300円x180点=234000円です。

単価が1万の商品を180点売るわけなので、
180万程の月の売上になります。

 

つまり、
仕入れ値は180万ー23万4,000円=1,566,000円

輸出はこの8%が還付として返金されますので、
125280円が利益にプラスされます。

 

そうすると359280円が利益、
つまり約36万の利益に半年で到達することも可能です。

未来予想図から現状のステップの把握と確認

このように今後どのような出品枠になり、
リストを今のペースで出し続けるとどういう結果になるのか?

ということを考えるのがプランニングです。

 

先行きに希望を持つことができてしまえば、
今の現状に悲観をすることなく前に進むことも出来ます。

 

成功している人は皆必ずしゃがんでいる時期、
つまり耐え忍んでいる時期が必ずあります。

 

それを見せていないからこそ、
一気に成功してみえるだけであり
準備期間がなく稼げるビジネスなど存在しません。

 

しかし、
その準備期間で培った経験こそが実力となり
そして大きく稼ぐ為のエネルギーとなります。

 

今の自分の立ち位置をしっかりと理解し、
今後の自分の道筋も明確にしていただければと思います。

 

そうすればeBay輸出は必ず結果がついてきます。

 

是非継続する強さを持って頂ければと思います。

メルマガ登録

メルマガ登録はコチラ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ