ebay輸出で円高で一筋縄ではいかない月商1500万への道のり

こんばんは、ICHIです。

今月の目標は月商1500万とブログに記載しましたが、
なんと今月は目標に届かず大体1000万程で終了するかなと思ってます。
(もしかしたら1000万届かないで900万位で終わる可能性も・・・涙)

無在庫で行うということに関しては1000万〜1500万が限界値かなと感じていて
そこから更に2000万、3000万と売上を伸ばすためには主柱となる商品での
原価率を落とすということに加えて送料などの経費削減とサービス向上が必須です。

昨日もパートナーの方と音声をしてましたが最終的には月商5000万目標で
それ以上は目指さないでeBayから更に発展させた仕事をしようと話をしていました。

とは言ってもなかなか思い通りにはいかないのがビジネスのおもしろい所で
最初の2週間は売上も最低でも1200万位は最低でも行くなぁというペースでしたが
そこから低評価は入るわ、円高になるわで色々と対処をして売上を戻すのに時間がかかりました。

更にはEUのEURO離脱によって円高に拍車がかかるなど
そこの対処も昨日今日で行っていたところですね。
(これを機に辞めると宣言している人もいましたね)

普段僕の売上だけを見ている人はなんでICHIさんはそんなに売れるのか?
とかそんなに売れてていいなぁとブログからメッセージを貰ったりもします。

ただやってる事はあなたと当然一緒でそのやることですが、
やると決めてからのスピードが違うのではないかと思っています。

ということで今日は普通に僕も売れなくなることもあるし売上も下がるし
普通に順調に登っているわけではないということをお話しできればと思っています。

意味の不明な低評価のせいで3日間の売上が1/3になる・・・

最初の2週間の売上は上記に書いたように1200万ペースで非常に良く、
円高になっても確実に対処できるなと自信が確信に変わってきていました。

このままいけばかなり売上も伸びるし仕入先も更に伸ばす事ができれば
今年中の目標の2500万も完全に見えたしeBayで5000万も確実視してました。

が、
そんな矢先意味の不明な商品が気に入らなかったという低評価に加えて
不着によりいれられた低評価と同梱の不満についての低評価が入りました
一番最初に入ったのは商品が気に入らなかったという意味不明の低評価ですが・・・
eBayは低評価がはいると検索順位が自動的に下がるので売上は激的に下がります。

本来Amazonであればそのような評価は商品レビューに関しては消せるのですが
eBayは残念ながらそのようなルールを持ってはいないの自力での解決になります。

購入者へそのような理由での返品などは基本受け付けていないが今回は受け付ける
という旨を話すと共に電話をして無事解決に至りました。

eBayのシステム的に評価が戻れば売上は大体2日程で戻るので
この影響で3日間の売上が大体1000〜1500ドル程減りました。

と思った矢先に次の不着評価が入るのに加えて商品が届くまで評価変更はしない・・・
そんなメッセージをもらった為DHLで即送ろうと思いましたが数日後に到着し一件落着。

たった2件の評価で約6日間の売上が下がると共に
この記事を書いてる今日も低評価がなんと入りました。

関税の件でしたので即削除でしたが・・・
ここまで色々問題が起こるのかと思いましたね。

108円〜105円、さらには104円と進み続ける円高

輸出を行っているのであれば最近のこの円高の影響は必ず受け、
売上が下がっている人が非常に多いと思います。

当然他の出品者が円換算して計算しているので、
僕自身も円換算して出品をしなければいけないわけで
円高の影響は当然僕にも直撃してきました。

それでも売上を保っているのはその対処の早さが原因だと思いますが、
基本的に円高になったから売れない・・・と手を止めてる人が多すぎます。

会社員であれば会社がずっと売れ行きが右肩上がりではないのはご存知なはずで
むしろ赤字になっている時も当然あるかと思います。

アップダウンがあるのがビジネスの普通のことであり
円高になったから売れない・・・
ではなくて円高になったからどう対処しようと思うのがまず先です。

不安に思っているのであればまず行動をしてみるというのが僕の基本で
僕が売上を保っているのは常にその行動が先に来てるからでもあります。

かつては大して為替の対処をしなくても売上はある程度たってましたが
ここまで激しいとさすがにいつも為替のチェックとパートナーとのやり取りから1日が始まります。

人気商品に関しては即価格を改定した後に、
仕入原価を下げる為に鬼電を行って仕入先を確保。

逆にこの流れが追い風となっており、
売上が伸びてきてる商品もあるのはこのためですね。

とは言っても全体では下がってきていますが・・・w

稼げないと嘆く暇があるならまず作業をすべき

円高は確かに売上を下げてきますが伸びる出品者もいます。

どういう出品者か?
当然価格改定をしていない出品者です。

円高に傾けば日本商品の価格はあがりますので
出品者は各商品の価格を上げるところから始める訳です。

しかし、
対処をしていないセラーは安い価格のまま売るわけなので
lowest firstで一番上に来た段階で売る事が出来る訳ですね。

ただ売れたと思えば当然赤字であるわけなので気付いて価格を上げる
または中にもやめるというセラーもいますが。

そうやって価格は是正されていくわけですがその期間売上が下がるのは当然です。
短期的ではなくて長期的スパンで見る事ができなければビジネスをやるのは無理です。

輸出を行っていることで円高影響は皆共通です。

共通なのに売れる人売れない人がいるのはその対処の早さと
考え方の差でしかないわけです。

正直ビジネスをやっていれば上手く行かないことの方が多いし
辞めるべきタイミングなんていうのはいつでもあります。

まさに目標を達成出来ないいまなんてやめるなら言い訳できる最高のタイミングですが、
1つのことも極めれないなら次に言っても多分途中でコケるんだろうな。

と自分に言い聞かせてそれでふんばってるということですね。

簡単にまとめてしまえば、
円高を見つめていても僕らが出来るのは対処することでしかなく
それができる人が勝ち、それが出来ない人は消えていく。

それを経験させてくれている円高は力が確実につくので
僕は感謝してそして力をつけていく方向性で動いています。

僕自身のブログやメルマガを見れば綺麗なサクセス・ストーリーに見えるかもしれませんが、
その裏では毎日毎日作業を確実にしており辛い事の方が多いと気付いてもらえればと思います。

そしてそれが少しでもあなたの励みになればと思っています。

メルマガ登録

メルマガ登録はコチラ

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ