ebay輸入で利益が出ているのに倒産する人とは?

こんばんは、ICHIです。

先日の記事では僕がebay輸出に加えて、
ebayでの輸入を開始したことをお話しました。

既に利益も数万出ており、
来月には10万は確実に超えていくと思っています。

今回は輸入を行う際に僕がつけている仕入れ表を公開し、
どのようにして資金管理などを行っているのか?

という点をお話したいと思います。

黒字なのに赤字という物販の不思議

The businessman -  bankrupt

物販は仕入れて売るという稼ぎ方であり、
仕入れ値以上で販売した時に初めて利益として残ります。

つまり、

簡単に言えばお金を使用してお金を増やす稼ぎ方ですので、
資金が少ない場合は運用の仕方を考えなくては行けません。

よくこの物販を行っている人で耳にするのが黒字倒産。

簡単に言えば利益が出ているはずなのに、
お金が手元に残っておらず消えていくということですね。

この黒字倒産と呼ばれる減少が起こる原因は単純で
お金の回り、つまりキャッシュフローが悪いからですね。

とても多くの方が最初に行ってしまうミスは、
とにかく差額を見つけた事に興奮して商品を買ってしまう。

しかし、
その商品の需要は見ておらず売れるのは3ヶ月後・・・

そうなってしまえば資金が回収出来るのは3ヶ月後であり、
その分の手元で使える金額はドンドンと少なくなってしまいます。

こうして使えるお金、仕入れるお金が減っていき、
売れた時には利益は出ているが手元に常にお金がない状態。

これが黒字倒産と呼ばれる最悪な状況です。

ただ、この問題を解決するのは非常に簡単であり、

『1ヶ月以内に売れる商品をまず意識して仕入れをする』

ただこれだけです。

 

1ヶ月以内に売れる商品をまず意識して仕入れるとは?

quick

上記で説明した黒字倒産の主な原因は売れるスピードにあります。

仕入れに使用した資金をすぐに回収出来ないからこそ、
常にお金が手元にない状況を引き起こしてしまっているのです。

であれば、
単純にまず1ヶ月以内に売れる商品のみを扱う。
というルールを自分で作ってしまえばいいだけなんです。

10万を使用して今日仕入れたとしても、
今月末までに10万+αで返ってきてさえいれば
クレジットカードなどの請求にも困らず利益は手元に残ります。

ただ単純に売上だけを追い求めるのではなく、
この点を意識するだけで解決出来てしまうわけですが、
そこで僕が意識して作成しているある表があります。

それが仕入れ管理シートと呼んでいるもので、
このような表になります。
仕入れ管理シート:
impor

これはエクセルで作成してもらったものですが、
右側の表にその日の通貨レートを入れると自動更新されます。

これによって利益が出ている商品だけでなく、
その日のレートによっての利益を計算することが出来ます。

いま仕入れない商品でも円高に振れれば仕入れ可能になったりと
それらが一発でわかってしまうということですね。

これは仕入れ管理シートな訳ですが、
ここに載せる商品にはある条件が必ずあります。

それがヤフオクでの最低月間販売数が3以上であり、
利益率が20%程ある商品で有るということです。

幸い最近は輸入をやっている人も減ってきているので、
このような商品も見つけることが出来ます。

もちろん輸出でも、電脳せどりでも
まだまだ見つけることは可能です。

月間で最低でも3以上売れているということは、
需要があるとまず確信を持つことができるわけです。

さらには、
利益率がある20%程の商品であれば、
売れない際には価格を下げて売り切ることが出来ます。

もしも、
この商品が利益率5%などであれば価格を下げた際に
すぐに赤字に転じてしまうので少し余裕があると良いという事です。

このように1ヶ月以内に売れる為の
『仕入れルール』
を作成するだけで簡単にお金の流れが上手く構築出来ます。

しかし、

上記の説明の中に利益率を高めに設定しているとありましたが、
そうするとこのような疑問が必ずわくと思います。

利益率は高くないと仕入れをしてはいけないのか?

Profit

僕は輸出のコンサルをメインに行っているわけなのですが、
この輸出に関しては無在庫で行っています。

なので、
基本的には利益率が最初は低かったとしても販売をし、
その上で利益率を上げていく方法を推奨してます。

しかし、

無在庫のビジネスと有罪庫のビジネスは全く違い、
有在庫はお金の流れを考えなければいけません。

だからこそ、
損失を出来るだけ避ける為に利益率を高めに設定してますが、
もちろん利益率を10%などで仕入れてしまっても問題はありません。

ただし、
その際の商品の基準はより厳しくするべきであり、
1ヶ月以内に多数販売されており値崩れしていない
ということが最低条件になってきます。

更には、
この仕入れるという行為は単に仕入れのみではなく
その先の仕入れに繋がるポイントである事も抑えなくては行けません。

今回この出品者からは利益率10%で買うが、
次回はプラットフォームからの購入を抜いてしまえば
更に8%程差し引いてもらえるのではないか・・・

などですね。

なので、
上記に記載したように利益率が高ければ高いほど良いですが、
だからといってその通りじゃないといけない訳ではありません。

販売数が多ければその分売れる早さが早いので
在庫としてリスクを持っている期間が短くなります。

更にその次の仕入れに繋がるのであればそれはOKであり、
僕もそのような賞品を現状扱ってもいます。

重要なのはお金の流れであり、
後は時と場合によって変えて良いということですね。

 

ebay輸入における資金管理表の重要性まとめ

cash

仕入れ資金を使用し、仕入れ資金以上の金額で販売。
その差額が利益となるのが物販という稼ぎ方です。

一番重要なのはこのお金流れ、
つまりキャッシュフローと呼ばれるものです。

この根底がしっかりと出来ているのであれば、
間違いなく常にお金が増えているのを実感出来ます。

それをまず体感する為に余裕を持った利益率で商品を買っている。
という狙いを常に忘れないようにして頂ければと思います。

このキャッシュフローの流れを意識出来るのであれば、
後は利益率を下げても必ず利益は残ってくるはずです。

それを癖付ける為には、
資金管理表などを作成してエクセルにまとめるだけでも
安定的に収益を上げる思考が出来上がるので是非お試しください。

これは輸入のエクセルですが、
もしも欲しい方がいたらコメント欄より
連絡を頂ければと思います。

メルマガ登録

メルマガ登録はコチラ

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ