eBay(イーベイ)個人輸入における初心者が行うべき検索方法

こんばんは、ICHIです。

1年前まで円安だったのにも拘らずここ半年足らずで20円程円高に傾き
今では100円ほどにまで円高が進みました。

こうなると海外の商品の買付け金額が安くなるので個人輸入が流行り
実際に僕のブログにも輸入で入ってくる方も大勢いらっしゃいます。

実際にネットで検索をしてみると海外から欲しい商品を自分で買い付けしたりと
徐々に個人輸入の認知度は広まってきているのかなと思います。

しかし、
増えてきているとはいってもまだほんの一握りであることは間違いなく
需要のある商品を安く仕入れ供給し利益を得ることも当然可能です。

それが個人輸入のもう一つの姿として知られておりその中には
eBay輸入やAmazon輸入があるわけですね。

そこで今回は個人輸入の中でもまず稼ぐ事に焦点を当てた場合
まずどのような検索をすべきかということをお話したいと思います。

 

eBayってそもそもどういうサイト?なぜAmazonより稼ぎやすいのか

稼ぐ為には何をすべきかということを明確に把握し、
その上で何が最短ルートかを考えて行う必要があります。

ただ闇雲に行っていては結果は出ないしやる気も下がりますので
重要なのは適切なルートを知ってから全力で努力するということです。

さて、
本題に戻りますがeBayというサイトは海外オークションサイトであり
日本で言うところのヤフオクに相当します。

つまり沢山の出品者が自分の手元にある商品を出品しており
コり身近な距離感で円滑なコミュニケーションをとることができます。

海外発送してなくても交渉次第でOKになったり価格を簡単に安く出来たりと
このコミュニケーションが円滑にとれるというのが日本との差額を生み出すために
とても重要な要素になることからeBayが非常に稼ぎ易いということになります。

しかし、
当然個人が出品しているので人の感覚は人それぞれであるように
商品の梱包が雑だったり商品状態が想像以上に悪かったりと価値観の違いも生じるので
購入前後のやり取りをマメにして注意しなければいけないという難点もあります。

ただ基本的には決まった英語のテンプレートを投げてしまえば良いだけで
イレギュラーな場合のみ違う対応をとればよいので英語の心配などは特に必要ありません。
(英語は必要ですが僕自身が帰国子女なので英語の面はブログに記載しておきます。)

その点を踏まえた上でどのようにまず検索を行っていくべきのか?
ということをまずは基本レベルから見ていきたいと思います。

 

eBay個人輸入において差額を探す基本リサーチとは?

eBayで差額を探す際にはいくつかの方法があり応用させて行くのですが
ベースとなる部分が無いと確実に商品が見つからなくなります。

まずはどういう箇所を注意して見るべきかを把握し、
その上で次々と出てくる応用リサーチを使用して幅を広げていきます。

日本での需要はどうやって知れば良いのか

仕入れて売る時に重要になるのは売れるか売れないかという判断ですが
その指標となるのがどれくらい売れているのかを見れる過去相場になります。

過去相場を把握できれば後出しじゃんけんのように
売れるとわかっていてから仕入れることが出来るわけですね。

その過去相場の為に使用するのはヤフオクとAmazon

このブログ記事ではeBayからの仕入れに関して特化して記載していますが
国内での販売先はヤフオクやAmazonになるので両方の長所を使用すると検索が楽です。

まず海外からの商品を簡単にリサーチしていくためにAmazonを使用し
【並行】というキーワードで検索をかけてみましょう。

そうすると、
ebay

このように並行というキーワードを含んだ並行輸入商品が出てくる訳であり
ここの商品郡はすべて海外から輸入された商品になります。

それと全く同じようにヤフオクでも平行というキーワードを入力して
実際に検索をかけて需要のある商品を見てみましょう!

ebay2

そうすると上記画像のように商品が出てきますので、
初めての場合はまず検索になれるという意味も含めてまず検索します。

ここでまず見るべきなのはAmazonとヤフオクの結果ですが
両方に共通する商品があると思います。レゴですね!

レゴは旧型は安く仕入れれば売れますし新しい商品は
予約出品をするだけでも月に10万程は稼ぐ事ができる定番商品です。

※ 合わせて読みたい記事
→ 予約出品ってどうやって稼ぐの?

ヤフオクとAmazon2つに表示されていることを見ると
確実に需要があるとわかるわけですが試しに過去の相場を見てみます。

※合わせて読みたい記事
→ 仕入れたら値下げ合戦・・・仕入れる際の赤字黒字基準ってどこ?

lego1

そうすると4点程中古でも売れているのが分かるので
これを海外でどれくらいで売れているのかを検索して行きます。

lego2

アメリカの中古商品で検索をすると2600円程で販売されており
現時点では価格差があるので入札をして送料の値引きなどの交渉をします。
(今はまだ初期段階なので交渉などはせずリサーチをすることに集中しましょう)

さて、
このように行うと価格差のある商品は簡単に出てくるわけなのですが
まずは売値と仕入れ値の差額があるものを沢山探して経験を積みましょう。

少し練習していくとあるポイントを見ると利益が出たり出なかったりと・・・
いろんな問題があることに気付いてくると思います。

その対処方法に関しては次回以降に説明しますので
まずはリサーチに励み、そして慣れることを意識することが重要です。

今回のリサーチにおいて特に意識した点とは?

稼ぐ為に最も重要なのはがむしゃらに行うことではありません。

どういう事を稼いでいる人は考えているのかを把握して理解した上で
徹底的に行って婦に落としてから徹底的に行うことが重要です。

もちろんまだ誰も行っていないブルーオーシャン市場は自分で開拓するしかないですが
この個人輸入という分野は既に10年以上も前から参入者がいるような分野です。

このような誰かが先に結果を出してるジャンルでは知識と視点は
今やネットを探せば転がっているので見てからすぐに実践していく。

その上で徐々にアレンジして自分のやり方を確立していくのが
最短でそして結果が大きくでるやり方になります。

今回の検索の際に意識したポイントは3つ
・輸入商品が基本的に含むキーワード【並行輸入】で検索
・ヤフオクとAmazonでの過去相場のチェックをし販売されてるか
・eBayで同じ商品を検索して価格差があるものを引っ張る

という点です。

とても基本的ではありますがこの中で最も重要なのはキーワードで、
まずは幅広く検索出来るワードでせめてから徐々に狭めていきます。

今回で言えば 並行輸入 → レゴ というようにですね。

幅広いキーワードから狭めていく技術を身につける事ができると
検索の幅は無限に増えて簡単に商品を見つける事が可能になります。

例えば
POKEMONで検索していても全部のキャラクターが人気と限りません
POKEMON(ポケモン) → pikachu(ピカチュー) → pikachu 1st(ピカチュー第一世代)など
狭めていくと後は価格差を絞り出していくだけになります。

シリーズものであったり種類が非常に豊富であるジャンルに関しては
この方法を使用することが非常に重要ですが詳しくは今後また説明していきます。

どういう意味でそのキーワードを使用したのか、
なぜそのキーワードから今回のレゴを選択するに至ったのか。

検索する際に闇雲に行うのではなく1つ1つの行動に意味があると考え
しっかりと意識して検索をするようにして貰えればと思います。

そうすれば後発組であろうとなんでも確実に利益を上げることが可能です。

メルマガ登録

メルマガ登録はコチラ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ