稼げる人が必ず理解し、常に心がけていること

こんばんは、ICHIです。

今日は同業者の方がある大会に参戦するとのことで
努力の集大成を見させて頂くべく東京に来ました。

その方とは約1年半頃前から知り合いになり
ビジネスの話のみならず旅行なども共にしている仲となりました。

ネットでは約年商1億円をいる社長さんですが
常にご飯などを食べる時は”摂取カロリー”を必ずチェツクくします。

ここの2年間という凄まじい期間を摂取カロリーや栄養分を気にしつつその方が目標に掲げていたこと。

それは、
“サマースタイルアワード”での優勝でした。

サマースタイルアワードは夏に似合う肉体を身につけている人を見るコンテストで簡単に言えば筋肉コンテストのようなものです。

image

その大会を初めて間近で見たのですが衝撃を受けたのと共にやはり経営者は何をしても結果を出せるんだなと痛感しました。

今日は簡単にはなりますがその感想と共に僕が思ったことを記載したいと思います。

ローマは1日にしてならず、それを理解していないから稼げない

大会の開催日は本日7/16だったわけですが、
大会へ向けてのたたかいは一年以上も前より始まっていました。

食べたくなくても身体を大きくするために食べなくてはいけないバルクアップ期間。

食べたいのに食べることができないカーボカットと呼ばれる炭水化物を抜く期間。

さらには筋肉をより美しく見せるための水抜きを徹底して行い喉がカラカラになりつつも追い込まなければいけない地獄の期間。

今日の大会を辞退した人もいたと聞いたのですが、そんなに辛いことを乗り越えなければいけないのです。辞退する人は当然存在するのは容易にできます。

しかし、
今日決勝に勝ち残って来た選手は皆ここ一ヶ月水もろくに飲真名井で最終調整をして完璧な状態に仕上げてきていたのです。

正直これを見た時にこの人たちビシネスしても多分全員稼ぐことが出来るなと確信しました。

自分を苛め抜くことができる根性
途中でやめずに続けるモチベーション維持
筋肉という性質上理想形に近づけるのに数年はかかるという歯痒さ
自分をよりよく改善する探究心

どれもビジネスにも必要なことと一致していて、逆を言えばそれができればネットビジネスは余裕で稼げる世界です。

オフラインの世界に比べれば競争率はびっくりするくらい未だに低いのが現状なのです。

しかし、
どうしても目先の利益を追い求め利益が出なければ粘ることなく辞めていってしまう。

そんな状況が広がってるのはネットビジネス業界だけではなくどの業界も共通なのです。

今回の大会に参戦していた新島さんと話していた時に分かったのが筋トレしない人に限ってどんなプロテイン飲んだら良いですか?と聞くと。

それってどんな教材読めば良いですか?
どんなツール使えば良いですか?と聞いてるのと全く変わらないしそんなんで自分を変えれるわけがありません。

また、
ノウハウコレクターにもフィットネスにも共通しているのはこれだけではありませんでした。

やらない人に限って有名な人のサプリなどを買って飲んで満足しているということ。

それぞれのサプリにはそれを使用する理由があり、トレーニングをしている前提に作られています。

トレーニングで失われた栄養分や、トレーニングをより充実させるためのサプリなど使用目的は様々ですが使用目的を把握しその効果が発揮される条件を満たしていて初めて効力を発するわけです。

こんなことを聞くと当たり前じゃんと思うかもしれません。

しかし、
話を戻しますがほとんどの人が全く同じことを稼ぐという分野においては行っているのです。

ローマは1日にしてならずという言葉がある通り。結果を出すにはそれなりの期間に加えて結果を出せるだけの行動力も必要とします。

ただ突っ立っているだけで稼げるほど楽な世界ではないのは事実ですがまだまだネット業界のレベルが低いのは事実です。

これから大手がさらに進入して僕たちの参入の余地がなくなるようなことがあれば初心者から抜け出してなければかなり苦労することになるはずです。

チャンスは目の前にあり気づくか気づかないかは実際にあなた自身です。

目の前を通っているのに気づかない。
しかし、ある人は気づくことが出来る。

それは結局ノウハウを得ている前提であとは行動をしていかに貪欲に向上心を持って行うことが出来るかに尽きると思っています。

非常に簡単な話ですがどのテクニックよりもこれこそが非常に重要なものだと確信しています。

今日は非常に短いですが、
常にこのことを心がけるようにしてください。それが出来れば生き残れます。

メルマガ登録

メルマガ登録はコチラ

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ