なぜ僕はトレンドを追いかけ稼がないのか?

こんばんは、ICHIです。

物販業界の中には情報発信をしている方が多数存在しており
その中でも情報発信のスタイルもある程度共通している印象を受けます。

その枠の中に僕は基本的にハマりたくないというのに加えて
理論的に理解するという論理性に説明の際に主体をおいているので
どうしても時事ネタなどと絡めて情報を発信する傾向にあります。

そんな情報発信者が多数存在する物販という業界なのですが
共通した書き方の中によく見られるのが売れた商品の紹介や
またはこれから伸びるであろう商品の紹介ですね。

最近で言えばSMAPの解散騒動が出たことによりCDが爆うれし
そのトレンドに乗るだけで数十万稼げるというものもありました。

しかし、
僕は基本的にこのように何が売れたなどと基本的に言うことはなく
そしてこれからもそのスタイルは確実に貫くと思います。

コンサル生やメルマガ読者さんからもこの点において質問が来ますので
今日はその点に関してお話したいと思います。

やるべきことを当たり前にできる、そんな頭と環境を

基本的に物販を行っている方の目的の1つにあるのは即金性。

つまり
いかに早く結果を出すかという点において物販が優れている
という利点を基に取り組んでいる方が大多数です。

しかし当然どのような稼ぎ方にも感覚値として落としこむまでの経験が必要で
努力と一般的に言われるその経験があってはじめて結果として出てきます。

ですが結果が出ない人は最短経路ばかりを追い求めて愚直な作業をさけ
利益の出る商品情報などへの欲求が未だに高いように思えます。

物販の情報発信者は物販を行っている人がターゲット層ですから
当然稼げる情報を投げて興味を示す層の為に即金系情報を入れるわけですね。

そうして今のこの物販業界の流れが出来たと思うのですが
僕自身は即金も重要だと思いますが安定して稼ぎ続ける
ということに軸をおいています。

更に楽に稼ぎたいならそのありもしない夢を指を加えて見ていて下さい
という一見過言にも見える言動もレターに記載したりもしています。

これはあくまで上記に記載したように安定性を求めるからであり
その為にやるべきことを当たり前にやるという習慣を見に付けてほしいからです。

簡単に稼げる方法は簡単に稼げるのは確かですが、
その分一瞬にして多数のライバルが入りこみ利益のUPに繋がりません。

だからこそ僕はなぜそういう構造になっているのかというのを
社会と結びつけることで論理的に理解させて肌感覚に落とし込ませる
というのを徹底的に意識しているわけです。

つまり
そもそもメルマガを書くスタイルに加えて目的が正反対で
・即金の情報を流すことが読まれる確率があがる(他者
・論理的理解により同じ事が次回おこったときに俯瞰して判断ができる(僕
となるわけですね。

と、ここまではあくまで情報発信する側としての見方になりますが
次は購入者側の心理として考えてみることにしましょう。

欲しい商品を欲しい金額で提供するのを美としている

先ほどのSMAPのような情報があれば関連商品は急上昇し
そしてとんでもない勢いで商品が売れまくっていきます。

しかし、
当然その情報が出回った後に定価で購入して販売するので
プレ値商品として商品を購入者へ販売し差額を利益として得ます。

情報の取得の早さ、情報のえる正確さ、情報を活かす行動力
この3つがないと出来ない技ですし本当に素晴らしいと思っています。

ただ一時期プレミア商品を扱っていた時に妖怪ウォッチでクレームが多数発生し
プレミアして完全に足元を見ているなど低評価が続出しました。

ネットで買うメリットはいかに安く、便利に買うであり
それ以外のメリットを特に求めていることはありません。

お金というのは自分の欲求を物体として示した指標になるので
欲しい人は他の人よりもお金を出して購入することは間違いありません。

ただ、
これも僕自身は安く変えてよい商品で良かったぁ!!
ということを重視しているからこそトレンドを追いかけた販売は行わないのです。

なぜ僕はトレンドを追いかけ稼がないのか?

僕は既に説明しているように売れたなら何故売れたのか?
など基本的に全て論理的に理解し説明しようと心がけます。

それが出来ればなぜこの商品はこうなっているのか?!
などをきっちりと説明できるようになるからです。

説明出来るようになればコンサル生は根本から理解するので
それを応用して違う商品に活かすことも当然簡単にできます。

一瞬の知識よりも一生ものの努力と知恵を手に入れる

それが僕の指導の根本だからこそトレンド商品などを紹介せず、
仮に普通に仕入れしたとしても売上とそれにいたった経緯を指導します。

どっちも重要なスキルですが僕自身としては後者を優先していますが
トレンドが悪いということでは決してありません。

情報を読み解く早さというのは必要なので重要になってきますが
ただ僕としては販売の仕方としては好みではないということですね。

メルマガ登録

メルマガ登録はコチラ

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ