個人輸出で副業は可能?儲かる始め方を動画解説

こんばんは、ICHIです。

僕は約3年前に海外オークションサイトを使用し輸出を開始しました。

最初の半年の売上はとても生活出来る程の物ではありませんが
現在では3名体制で企業まで成長し年間約1億円の売上があります。

このブログを書いているのは2016年5月になりますが
4月の売上自体は円高の影響もあり約700万になりました。

現在の感覚では今年中に確実に月間売上2000万までは到達できますが
それほど売れる個人輸出とは一体なんなのか!?

また副業で利益を上げる方法としてはどうすべきか?
という始め方に関する手順も記事・動画で説明をしていきたいと思います。

個人輸出の種類は何!?始め方と利点を比較してみる

個人輸出と呼ばれるビジネスはほとんどが一般的に
・Amazon輸出
・eBay輸出

を総称した呼び方になります。

僕はアマゾン輸出をかつて行っていたことがあり
コンサル生の中には2ヶ月で300万の売上で利益70万の方もいましたが
メインとして活動しているのはeBay輸出になります。

※ 今年の売上を最大化させることに加え、
更に自動化することを目的にAMAZON(アマゾン)使用も考えてますが
その点は今後のブログで詳細に述べていきたいと思います。

→ 海外アマゾンとeBayを使用して売上を上げてみた

アマゾンは日本でも有名であなたもご存知かと思いますが、
eBayは世界最大のヤフオクと思っていただければ大丈夫です。

全世界で約2億人の会員がおり
なんと世界人口の約3人に1人が利用しているという世界一の市場

ebay

それがeBayですね。

アマゾン輸出を行い年間2億以上を1人で売り上げている友人もいますし
僕自身はeBay輸出で年間で1億程売り上げてますのでどちらも稼げます。

ただし、
Amazon(アマゾン)、とeBay(イーベイ)では行っていける条件が違うのです。

これから始めるにあたって利点・欠点を把握する必要がありますが、
まず共通点を把握してから相違点を比較していきましょう。

無在庫で販売し、売れてか仕入れるというリスクの無い稼ぎ方

個人輸出と呼ばれる稼ぎ方はその名の通り
“日本の商品を海外に販売する”という稼ぎ方になります。

日本という国はJAPAN BRANDが世界では確立されており
そのJAPAN BRANDは丈夫・長持ち・几帳面・真面目という印象が世界からはあります。

僕自身アメリカの大学出身ですが日本人だとわかると
“TOYOTAってなんで壊れないの?”
“日本人って近未来に住んでるよな”
などいろいろなジョークを言われて楽しんでいました。

商品の丈夫さや精巧さだけではなく人間性も
“JAPAN BRAND”
として成り立っているからこそ日本からは非常に売れやすい訳です。

また、
日本はとても閉鎖的な国であり英語アレルギーがある方がほとんどで
僕のコンサル生で稼いでいる方も英語アレルギーを持っている方がいます笑

それは僕自身が帰国子女ということでサポートさせてもらって不安を払拭するのですが
お子さん持ちの主婦の方が月800万売り上げたりとその稼ぎ易さがわかります。

そして最近雑誌などでも話題になり取り上げられている個人輸出ですが
JAPAN BRANDに加えて日本のシステムを利用した特徴的な面があります。

“販売してから商品を仕入れする”

普通の商売では在庫を持ってその商品を販売することで利益をあげますが
個人輸出に関しては在庫を持つ必要が基本ないということになります。

無在庫で販売し入ってきた金額で商品を購入出来ることから
“差額の利益は手元に残るリスクが極限まで最小化された稼ぎ方”
が個人輸出でもあると言えるわけですね。

在庫を保つ必要がないので仕入れに必要な資金も必要なく
“クレジットカードがあれば始められて利益を上げる事が出来る”
というのももう1つの個人輸出の特徴でもあります。

・無在庫で販売し利益を上げることができる
・仕入れ資金が必要ないので簡単に開始出来る

これがeBay,Amazonのどちらをとってもあてはまる
個人輸出の共通点になります。

では、
共通点がわかったところでAmazonとeBayは
どのような仕組みの違いがあるのかをお話したいと思います。

なぜAmazon輸出は1人で2億〜3億売り上げれるのか?

amazon

Amazon輸出の最大の魅力は“シンプルさ”にあります。

Amazonは非常に綺麗にシステム化されており、
アカウントの情報・売上・商品リストなどを簡単に抜き出す事ができます。

例えば、
Amazonでは各商品がこのように並んでいるわけですが
そのそれぞれの商品がAmazonでの商品番号を持っています。
amazon

そのAmazonでの商品番号がASINコードと呼ばれるものであり
amazon1
日本の同じ商品にも同じコードが入力されています。

つまり、
そのコードをツールなどにより抜き出す事が出来てしまえば
価格差は一発でわかるわけなのでそれを出品してしまえば良いわけです。

僕が使用していた価格差が一発でわかる出品用ファイル
amazon3

Amazonは上記で述べたように仕組みが非常にシンプルであり
出品も画像のエクセルファイルをAmazonにダウンロードして出品完了です。

もしも1000品商品があれば1000個登録する必要があるのではなく
商品番号を取得してAmazonにファイルを上げてしまえば終わりなのです。

出品もわずか数分出終わるのに加えシンプルで誰でも取り組める訳ですが、
この誰でも取り組める事から一気に稼ぎ易い市場が稼ぎにづらくなったのです。

そこで現状差別化をとる方法としては
・消費税還付を狙って利益が0でもとにかく売りまくる
・資金を投入し在庫をもって差別化をはかる
という2つが存在します。

消費税還付を狙って利益が0でもとにかく売りまくる

輸出は消費税還付とよばれ
“海外販売した商品の仕入れにかかった消費税が返金される制度”
があります。

例えば1万円の商品を仕入た場合は800円分の税金が
申請すれば後に国より返金されるということですね。

1000万分仕入れればそれだけで80万分の利益が確定するので
とにかく消費税還付狙いで売りまくるという人も存在します。

資金を投入し在庫をもって差別化をはかる

輸出の最大のメリットは無在庫で行うことにより
資金の必要性とリスクを排除することにありました。

そこに魅了され皆参入してきたわけですが、
Amazon→Amazonという流れが皆に共通している場合
仕入先が全員同じなので価格がどうしても一定化してきます。

更には還付狙いで売っている人がいるとなれば、
利益0で売る人もいるわけなので利益が出なくなります。

そこで本来の利点であるところをひっくり返し、
資金を投入することで仕入れ金額を安くする手段もあるのです。

通常Amazonで5000円で仕入れる商品を、
業者から仕入れることで4000円で仕入れて利益に上乗せする。

ただ、
これは資金力がないと出来ない事なので
その為には何をすべきかをデータ化する必要があります。

→ Amazonのデータを利用して大きく稼ぐ方法とは?

現状のAmazon輸出に関しては非常に稼ぐのが厳しく
ツールなどを持たない初心者の方が参入しても利益が出ない可能性が高いです。

なので、
儲ける、稼ぐことを目的としているわけなので
それをまとめて下記に効率的な始め方を記載しますので最後まで読んでみてください。

 

まだまだ無在庫で月1000万売れる世界一市場eBay

ebay3

シンプルさを追求し1000品であろうと一瞬で出品を完了することができ販売でき
労力を最小限にして最大の利益を得る考えがAmazon輸出の特徴でした。

そのシンプルさが故にライバルが一気に増えて稼ぐのが難しくなった訳ですが、
簡単なのは魅力的だが稼ぐ為には継続力が1番重要とも良く言われます。

それを如実にあらわしている稼ぎ方が“eBay”

eBayはAmazonのように最初から1000点という商品を出品出来ないので
ヤフオク出品者の様に評価を1つずつ貯めて信頼構築する必要があります。

出品者一人一人の信頼を評価という形で積み上げる訳ですが、
それ以上にeBayに対しても忠実な出品者であると証明する必要があります。

偽物を売ったりしない、しっかりと顧客を考えてサービス出来る出品者かどうかの見極めの為最初に与えられる出品枠はわずか500ドル。

50ドルの商品を10点販売すれば終了であり、
毎月その与えられる出品枠を増やしていく必要があります。

・出品者としての信頼
・eBayとの信頼関係

これを構築していくと毎日おもしろいように売れるようになり評価もかなり増えてきます。
feedback

しかし、
この信頼を構築するために与えられている枠が少なすぎるため
最低も安定して売上を立てるためには半年を見る必要がああるなど
売上を上げるのには一定の期間がどうしてもかかってしまいます。

ただその分辞めていく出品者はとてつも無く多く、
継続力があればとても稼ぎ易い市場が後に広がってくるのです。

最初苦しんで後に楽になるということですね!

ただ僕としてはこの苦しみ位耐えれないようであれば
個人でビジネスを行う事は厳しいとも正直思っています。

僕自身この輸出で半年1万くらいの利益しか出ずに不安に陥りましたが
そういう経験を踏んでこそ稼げるのでその経験するという意味でもオススメです。

また約1年間行っている出品枠は大体数億に達することができ、
数千種類の商品を無在庫で陳列していくことが可能です。

また、
Amazonのようにシステムが綺麗に整っていないのも有利に働き
僕自身は現在ツールを独自開発してライバルと差別化しています。

それによりコンサル生も利益を上げることができたりと、
まだまだ無在庫でせめて行けるのがeBay輸出の利点です。

出品枠や信頼を獲得するまでの期間は長いのが欠点であり、
その後は無在庫で稼ぐことが出来るのがこのeBay輸出になります。

さて、
ここまで個人輸出に関してお話してきましたわけなのですが
“初心者の方の最も効率的な儲かる始め方は何か?”
を僕の考えとともにご紹介したいと思います。

初心者の方の最も効率的な儲かる始め方は何か?

beginner

上記で既に記載しましたが輸出の最大の魅力は“無在庫”であり
特に僕が初心者の頃はいかにリスクを軽減して稼ぐかを意識していました。

当然初心者・中級者・上級者で稼ぎ方は変わるわけですが、
初心者の儲かる始め方としてはまずeBayをスタートすべきだと考えています。

Amazonでの販売は現状でツールなどを持っていないのであれば難しく
ライバルが乱立している状態で入るのはあまりオススメ出来ません。

なので出品枠はあろうともまずは売れるeBayに参入することにより
“売る感覚に加え、無在庫で利益を上げる実感を感じる”
このことが何よりも稼ぎ続けるという点において重要かと思います。

まずeBayを始めたらいろいろな商品を見ていくわけですが、
約半年は出品枠の不満はありますが踏ん張りとにかく売りに徹します。

半年を過ぎてくると無在庫で1000万以上出品できてくるので
そこから一気にアクセルを踏み込んでいくのが良いです。

そこで初めて半年以降で10万・20万〜という利益が出て
出品数が増えてきた時に商品販路を増やす為Amazon出品はありです。

Amazon出品はレポートと呼ばれるものが存在し、
amazonimpression

このようにどれくらいの人が商品をみたか等がデータとして見る事ができ、
eBayで売れ筋の物をAmazonに販売することも簡単に可能です。

今このデータをeBay輸出の方に取り組む試みをしており
そこでどのようにして売れ行きを上げるかの実験を行っています。

1000万レベルの出品枠まで到達するまでに販売経験があれば
あとはamazonで併売しても力があるのでライバルに勝つ点が分かります。

なんとなくではなく

・稼ぐ為の忍耐力をつける
・商品を販売する為の力をつける

この2つを養うことをまず重視出来ることから
初心者の儲かる始め方は上記に記載した流れだと思っています。

是非参考にしていただければと思います。

メルマガ登録

メルマガ登録はコチラ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ