fbpx

EBAY輸出で利益率を下げても利益が伸びる不思議な法則

EBAY輸出で利益率を下げても利益が伸びる不思議な法則

こんにちは、ICHIです。

 

利益率を下げて多数の商品を売ることにより多数の評価を獲得し、

顧客との信頼関係をアピールできる状態にする。

 

そしてライバルと安心感という点において差をつけてから、

利益率を上げて利益を最大化させるというお話をしました。

 

→ EBAY輸出で利益率を下げて利益を2倍にした方法

 

この方法はとても有効ですが、

後の利益を最大化させるために一旦利益を削る

という戦略でもあります。

 

そこで今回は、

実際に価格を下げると同時に利益を上げる方法。

つまり

利益率を下げても利益は削らない方法。

つまり

利益率を下げながら利益を伸ばす

という一見矛盾した戦略をお伝えしたいと思います。

 

 

資金がない状態での利益率UPは・・・

物販ビジネスのブログを見ると利益率をいかにして上げるのか

ということに注力しているように思えます。

 

 

実際にEBAY輸出においても利益率を上げて、

『利益をいかにして最大化させるのか』

ということに注力している方がとても多い印象を受けます。

 

しかし、

大きく売り上げを上げている資金がある方と資金がない方の方法では

利益を上げる方法が全く違う方法で有ることを理解しなくてはいけません。

 

 

『大量の資金を投資し、仕入れ価格を落として購入する』

 

 

仕入れ価格が下がれば販売金額は同じでも自動的に利益率は上がります。

こうして利益率を引き上げるのが資金が豊富にある人の戦略です。

 

資金がない人がこのことを理解せずに利益率だけを上げてしまうと、

売上も下がり利益自体も下がる・・・

そんな悲惨な状態に陥ってしまうのです。

 

売上を上げる為に利益を下げる?

では資金がある人に対して資金がない人の戦略はというと・・・

やることは実はたった1つしかないのです。

 

それが、

正価格を設定する

といういたって簡単な戦略です。

 

EBAYで商品を売るためには、

前回の記事でお話した評価も重要になってきます。

 

評価が1,000の人が15,000円で売ることが出来ても、

評価500の人が同じ価格で販売することは出来ません。

 

つまり、

評価だけが重要なのではなく

評価に見合った価格設定をすること

こそが利益最大化に繋がるわけです。

 

 

例えば、

僕のコンサル生Oさんの例を見てみましょう。
Oさんは1万円の商品を月に25点販売していました。

『25点販売=250,000円の売上』

です。

 

その時の利益率は10%で設定していたので、

25,000円の利益がその商品から出ていた事になります。

 

しかし、

商品自体の需要はとても高く、

お気に入り登録や、ページ閲覧数もかなりありました。

 

そこで、

利益率を7%下げ、売上を一気にあげる戦略にすると、

 

 

販売額は25点→40点

売上額は250,000円→400,000円

利益額28000円(3000円UP

 

になったのです。

 

たった3000円の利益の差と思うかもしれません。

 

しかし、

このような商品が10点あれば3万の利益増加に加え、

売上が増え、仕入額が増えれば輸出には還付というおまけまでついてきます。

 

→ EBAY輸出で得れる還付申請とは?

 

372,000円の8%が利益として追加されるので、

29760円が更に上乗せされるのです。

(売上250,000円の際の還付は20,000円)

 

全て合計考えるとたった3%利益を下げただけなのに、

12760円もの利益増になるのです。

 

自分の状況にあった販売額の設定をすれば、

利益を簡単に伸ばすことが可能です。

 

このコンサル生Oさんは今月500万程の売上があり、

利益も実際に50万円を超えていく勢いです。

 

今後このOさんからの感想文なども公開していきますので、

是非楽しみにして頂ければと思います。