ebay(イーベイ)とセカイモンの違いは何?購入価格を比較検証!

ebay(イーベイ)とセカイモンの違いは何?購入価格を比較検証!

eBayに乗ってる商品を日本語で載せているのがセカイモンでしょ? でも、何が違うの?って最初にセカイモンを見た時に思いました。

個人輸入をする時にeBayとセカイモンをうまく活用できれば安く商品を購入出来るし、僕がアメリカの大学に留学をしていた時に月に15万お小遣いを稼いだ方法も、まさしくこの個人輸入でした。

その経験を踏まえてeBayとセカイモンの違いを話していきたいと思います。

eBay公認のセカイモンとeBayの違いは?

eBayとセカイモンの違いは結論から言えば全く一緒です。

本来であれば、eBay  → あなたと購入する所を eBay→セカイモン→あなた日本語のみでやり取りして、購入するための仲介役として存在しているだけです。

ただセカイモンが対応してるのは日本発送に対応している商品だけなので、めちゃくちゃ安いけど、配送先がアメリカ国内のみ・・・みたいな出品者に対してアプローチすることはできません。

僕がアメリカの大学に留学していた時は、逆にアメリカ国内のみに出品してる安い人から購入して日本に販売して利益を得てましたし、1度購入してくれた人から、『この出品者、日本に発送してくれないから買ってよ!』って依頼があった場合に買ってお小遣い稼いでたってことです。

 

じゃあ、セカイモンとeBayは基本同じだけど、セカイモンは仕入れの代行業者で、日本発送に対応している商品しか買えないよって話をしましたが、セカイモンにはいくらの手数料を払うのか?という計算を見ていきます。

セカイモンで買うと最低1万以上は高くなる・・・?

eBayの商品の購入代行をしてくれるセカイモンですが、その手数料一覧をまず見てみましょう。

アメリカの場合

・購入価格45ドル(約5,220円)以下:一律800円

・購入価格45ドル(約5,220円)から:購入価格の15%

※為替レートが1ドル=116円の場合

イギリスの場合

・購入価格32ポンド(約5,312円)以下:一律800円

・購入価格32ポンド(約5,312円)から:購入価格の15%

※為替レートが1ポンド=166円の場合

ドイツ・オーストリアの場合

ドイツ・オーストリアから出品されている商品は、
以下のセカイモン手数料とさせていただきます。

・購入価格41ユーロ(約5,289円)以下:一律800円

・購入価格41ユーロ(約5,289円)から:購入価格の15%

※為替レートが1ユーロ=129円の場合

 

※セカイモン手数料は各国の為替状況によって変更される場合があります。

※同じ商品を複数個購入した場合も商品1個毎につきセカイモン手数料が発生します。

 例:1000円の商品を10点購入した場合、10000円に対しての15%ではなく、
1000円(あくまでも商品1点毎)に対し発生するため、この場合の手数料は8000円。


正直なところ手数料は相当高っていうか高すぎです笑

 

じゃあ実際に商品を購入する段階を踏んでいくと
どれくらいの金額差が出るのかを見ていきましょう。

この商品をeBayから購入した金額と比較すると、
商品代金499.99ドル(53,699円)+ 送料25.10ドル(2,696円)=56395円(合計)

商用ではなく個人の場合は関税が免除される場合がありますが、
かかっても50ドルなので最大でも62000円になります。

 

一方で“セカイモン”を通して購入した場合は、

商品購入金額 65,411円内訳:

商品価格 55,353円
セカイモン手数料 8,302円
米国内配送料・保険料 1,755円

しかし、
更にここに送料と関税も加わる事になります。

見積もり関税は3100円となっておりますが、
更にカリフォルニア州→日本までの送料が追加されます。

このアイテム自体は2キロ程ありますので、
安く見積もっても60ドル〜80ドルは請求されます。

そうすると上記の合計金額に加えて、

関税3100円
送料7420円(70ドル:106円換算)
合計金額は最低でも、75931円。

ebayから直接購入する金額と比較すると
75931 – 62000 = “13931円の差額”になります。

 

どうしてこんなに価格に違いが出るのか?

eBayからあなたが商品を購入した場合には、
海外出品者 → あなたへと配送となります。

一方でセカイモンの配送の仕組みは、

購入したい人(あなた)

セカイモンにお金を支払う(手数料15%

そのお金で商品をebayで購入する

検品の為カリフォルニア州に到着
アメリカ国内送料がかかる

検品後日本へ向けて発送
アメリカ日本の送料が再度かかる

つまり、送料が2重でかかっているのに加え、
手数料が高いので金額がこうも変わるわけです。

効率よく使うべき時、と使うべきじゃない時

セカイモンを使おうかなと考えているのは海外から安い商品を購入したいなぁと思っているからだと思います。

または海外でしか限定版がない!なんてこともあると思います。

 

で、手数料だけ見ると絶対に使いたくないし、安く仕入れたいなら中学レベルの英語力があれば一瞬で話が通じるし、完璧な文じゃなくても交渉して見る余地は十分あります。

英語使わないだけで、4通のやりとりで1回に15分かかっても、たった1時間のやり取りで1万以上、結局セカイモンに払うみたいなことになるわけで、セカイモンにとっては時給1万の仕事です。

僕は時給が1万以上あるので、やり取りに1時間かかるのであれば任せる。って選択をしますが、そうじゃない場合は中学生英語で完結する訳なので、結構勿体無いなという感じはします。

 

ただ、使いようによっては良いと思うのは、アンティーク品とかで、お金に糸目はつけないから、きれいな状態で欲しい!って思うんだったらセカイモンを使ったほうがいいです。

割れて届いたりした時に、出品者に対して写真を送ったりとか配送手続きをするとか面倒くさいので・・・高級品を買うのであれば安全性と安心を買うってことでセカイモンを使うのはありかなと。

普通に個人として仕入れようと思っているなら良いですが、お小遣い稼ぎしようかなと思っていた場合は、輸入とか商品を扱う物販は怪我しやすいです。

 

僕自身はプロフィールにも書いているように貯金38円になりましたからね・・・使いようによっては効率よく使えるので、ぜひその点を踏まえて考えてみて貰えればと思います。